大卒と専門卒の選択

看護師になるには、高校卒業後3年制の看護専門学校に進学するか4年制の看護養成課程のある大学に進学するかの方法があります。どちらの方法でも同じ看護師になれますが、それぞれに特色があります。専門学校は3年で学ぶので座学もそうですがどちらかというと実習が多いのが特徴です。大学よりも1年早く現場に立てるので、どちらかというと即戦力として見られます。一方で大学の方は実習ももちろん行いますが、大学という研究機関で授業も行うので看護師として現場にたつ人間を養成するのもひとつの目的ですが、看護学の観点から看護について色々考える人材の育成も行います。教育者や研究者にも興味がある人は、大学進学の方が向いているかもしれません。また看護師になってからも大卒の方が役職につくことが出来たり、給料に差が出てきます。どういった進路で看護師になったかで、ある程度自分のキャリアが決まってくるので、よく考えるべきでしょう。そしてさらに、現代では医療技術はかなり高水準なものになっています。その高度な医療を理解し学習していくにはやはり大卒くらいの資格がなければ、という意見も出てきているようです。さらにはキャリアアップの手段として専門看護師、認定看護師という資格も取得する人が増えていきました。これも大学院進学をして取得する資格であり、どちらも特定の分野に対して臨床経験や知識が豊富であり他の看護師を指導したりする立場にあるものです。取得まではとても大変ですがやりがいもあり、ワンステップ上の看護師を目指せるのでいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP