留学して学ぶ理由

最近では女性も仕事を続けてキャリアアップを考えている人も多くいます。看護師もそうで、9割が女性なのでキャリアアップを考えている人が増えているというのは職場でも肌で感じることもあるのではないでしょうか。日本も国際化が進み、海外へ支店を作ったり人材を派遣したり受け入れたりもしているようです。看護師も同じく、自身のキャリアアップのために留学をする人もいます。医療が進んでいるのはやはりアメリカであり、アメリカの看護師は日本の看護師に比べると出来る医療行為の範囲も違うため、大変勉強になるそうです。ですので、渡米して一から勉強して看護師免許を取得し直してアメリカで看護師となり、そこで経験を積んで帰国しそのキャリアを活かす人もいます。アメリカで看護師の資格を取得するにはそもそも英語が必要になります。英語が全くできない人はアメリカで語学学校に通学しながら勉強します。患者と会話するにはやはり日常会話レベルまでは到達していないと厳しいです。また、英語が話せる人でも、英語で医療用語を勉強する必要があるので大学に進学して学ぶという人もいます。アメリカの看護師は自分で処方箋も出せるし、病院を開くこともできるそうです。こういった幅広い看護を行った経験をしてから日本に戻ってくれば、日本でも優秀な看護師として活躍できると思います。留学するというのは手続きやら費用もかかるし決して簡単に出来ることではありません。ましてや働きながらではなおさらです。ですので目指すのであれば真剣に、目標を定めて頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP